怪我した時は冷やすの?温めるの? | マイオ整骨院 | 武蔵小山、戸越銀座で肩こり・腰痛には筋・筋膜治療

マイオ整骨院 | 武蔵小山、戸越銀座で肩こり・腰痛には筋・筋膜治療

Information

症状別の情報

HOME > >

怪我した時は冷やすの?温めるの?

よく質問されるのが怪我をした時温めた方がいいのか?冷やした方が良いのか?についてお話しします。

冷やす=血流を収縮させることで炎症を抑える。
温める=損傷部位の血流の循環をよくする。

どちらも損傷組織に良い影響を与えてくれます。しかし「温める」は患部が炎症している場合、痛めた箇所の循環を活発にしてしまい傷つけてしまう可能性があります。もし怪我をして患部が腫れていたり、熱を発しているときは迷わずまずは冷やしましょう。

    • 例えばぎっくり腰の場合

温める時のポイントとして
自力で動く事が出来るか、出来ないかがポイントになります。
自力で動ける場合温めましょう!

腰が痛くなった時の多くは筋肉が緊張(つる)している状態です。
痛みを伴う事で筋肉を収縮させてらしまっているので温める事て筋肉線維の血流を良くして柔らかくしてあげる事が重要です。

またどのように冷やしたら良いのですか?
という質問を頂きます。比較的簡単な方法はコンビニなどで貰うビニール袋に氷を入れて水を少しいれて冷やす方法があります。
また下に画像を貼ってありますが↓

アイスバックというものも専用であります。ビニール袋よりもしっかりしていますのでスポーツを日々している方今怪我をしていて冷やす頻度が多い方はあると便利かと思います。マイオ整骨院でも在庫ございますのでお気軽におこえおかけください。

    • 湿布で冷やせば大丈夫?

これもかなりの頻度で聞かれるのですがそんなことはありません。
なぜなら湿布は痛み止めの一つで薬です。
貼った時冷たく感じるのは湿布に含まれるメントール成分が一時的にひんやりする感覚がありますのでよく勘違いする方が多いので覚えておきましょう。
またコールドスプレーも一時的な冷却方法で凍傷を引き起こす可能性があります。
日常で使うのは間違いなので気をつけましょう!