スマホ指 | マイオ整骨院 | 武蔵小山、戸越銀座で肩こり・腰痛には筋・筋膜治療

マイオ整骨院 | 武蔵小山、戸越銀座で肩こり・腰痛には筋・筋膜治療

Information

症状別の情報

HOME > >

スマホ指

現代社会で生活に欠かせないものとなったスマートフォン。
ゲームや画面スクロールなど長時間スマホを使用する事で指を痛める人が増えています。

    • ドケルバン病って聞いたことある?

手首の親指側に現れる腱鞘炎を、ドケルバン病といいます。
親指を繰り返し伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症する腱鞘炎です。手の甲に腫れや痛みが起こったり、親指を曲げたり伸ばしたりすると、手首付近や親指が痛みます。
親指を酷使する職業の人がなりやすいが、最近ではスマホを長時間操作する人も多くなっています

    • スマホと腱鞘炎

片手の親指ばかりを使うスマホの操作を、長時間続けてしまうと、親指が酷使され、腱鞘炎の原因になりがちです。同じ姿勢で操作を続ければ、手首を伸ばす筋肉に負担がかかって肘が痛んだり、手指がしびれたりすることもあります。

    • 痛みの筋肉

おもに短母指伸筋腱と長母子外転筋の腱が問題になる事が多いです。痛みがある場合は安静に、そして原因筋の筋緊張緩和が必要です。

    • 小指の変形

スマホを小指で支えると関節の変形が起こる可能性があります。
小指は指の中でも関節が弱く、細い血管が多いです。負荷がかかると変形を伴う関節炎にかかることがあります。関節炎は小さな関節に痛みや腫れが起こるのが特徴です。

スマホ操作をつい片手でもちそのまま操作をするのはNGです。
片手で持ち、持ってない方で操作か、両手で持ち両手で操作することを心がけましょう。