マイオ整骨院 | 武蔵小山、戸越銀座で肩こり・腰痛には筋・筋膜治療

Information

症状別の情報

HOME > >

大丈夫ですか??ギックリ腰

大丈夫ですか??ギックリ腰

ギックリ腰の多くは、日常生活の何気ない瞬時の動作でなることが多い。たぶん違和感や重ダルさはあったと思いますが・・・?

  • どんな状態?
  • 損傷したことにより筋肉に炎症がおこり痙攣【ズキズキ、うっ】してる状態ともいわれます。
    なので初期は患部を冷やしたり関節が動かないように手で当てて動作すると痙攣がおさまりすこし楽だったりします。

  • なぜこんな時期に?
  • 患部へのストレス、使いすぎ、季節の変わり目、気圧など起きやすい時期もあります。
    筋肉は体温調節をおこなっている部分でもあるので季節の変わり目は敏感になっています。

  • どうしたらええねん?
  • 初期は患部を冷やしてコルセットをして安静がスタンダードですが・・・
    我々にできることは患部のズキズキをとめてあげたり、歩きやすくしてあげる、体重の乗せる位置を指導したり、患部を安静にしつつ身体をうごかしやすくしてあげられることです。これだけで全然違います。
    なので治療後は杖をついたり、はいつくばって来院されても帰りは恐る恐る歩いて帰れます。
    でも損傷している訳ですから前かがみになったり、寝た状態から起き上がる時は数日痛みは残ります。
    でも治りの速さや安心感がちがう。

  • こういう方いない?
  • ギックリ腰の損傷箇所が毎回同じな方がほとんどです。
    それは骨格や筋肉の使い方で負担かかる箇所が同じだからです。
    あと一度損傷した筋肉はくすぶって治る過程で硬くなります。ほっておくとその箇所を使わない姿勢をとり筋力低下や骨格のズレがおこるよ。 しっかり施術をしてケアーしよう。